ジェネリックが広まる理由 | なってしまっても、「ED」は治すことができる病気です。
menu

ジェネリックが広まる理由

転がっている錠剤

皆さんはテレビなどで「ジェネリック医薬品」というものはきいたことがありますか。ジェネリック医薬品は今いろんな医療機関やドラッグストアなどでも見ることが多いと思います。そんなジェネリック医薬品ですが、実際どのようなものになのかは意外としらない人もいるでしょう。
ここでは、目や耳にすることがあってもなかなか詳細が分からないジェネリック医薬品について紹介していきましょう。
ジェネリック医薬品とは、海外ですでに出来上がっている医薬品を日本の製薬会社などが日本人の好みに合いやすいように、改良して販売している医薬品のことをいいます。これはED治療薬だけではありません。他の症状の医薬品でもジェネリック医薬品は増加しています。
でも、感のいい人ならここである疑問を持つと思います。それは「何故、これだけたくさんの製薬会社があるのに国産の医薬品を作って、販売しないのか」ということです。実はそれは経費的に厳しいものがあったからです。一から患者さんが安心して、服用できる医薬品を作るのは実は結構時間もお金もかかってしまうことなんです。開発ができるスタッフ、そのための施設や機械などの道具、材料などを全部用意するとかなりの数億円といわれています。しかも、これが2年や3年ではなく、最低でも10年前後は考えておかないといけません。そんな余裕はどこの会社にもないのです。
だから、ジェネリック医薬品として販売したほうがお客さんにも低価格で提供することができるのです。